2009年11月02日

現川焼、陶器のぐいのみは経年による変化もまた嬉し

秋の夜長、おいしいお酒をお気に入りのぐい呑み

ちびりちびりやるのもまた一興。

伝統的で繊細な陶器ぐい呑みを見つけました。



職人魂




現川焼(うつつがわやき)の刷毛目柄の美しいぐい呑み


現川焼(うつつがわやき)とは、

300年ほど前に江戸時代の長崎県にて焼かれていた陶器で、

長崎市(旧現川村)で1692年(元禄5年)に焼かれたのが

始まりと言われ、命名は地名に由来しています。


現川焼は鉄分の多い茶褐色の器肌が特徴で、

多様多彩な刷毛目と加飾が施されています。


江戸時代には「西の仁清」とまで謳われたことがあったものの、

藩の財政面を理由に製造は約50年しか続かず、

突如として現川焼は姿を消した幻の陶器とされています。


復元された現川焼の陶器ぐい呑みが、この臥牛窯の器。


臥牛窯の器には「経年貫入」と呼ばれる

小さなヒビが入っていきますが、

これはぐい呑みの傷や割れの類ではなく、

陶器の貫入でいわれるとおり、

陶器が息づいている証拠で味わいを与えてくれます。


すず虫の鳴く穏やかな秋の夜には、

こんな伝統的なぐい呑みでいただくもの、

良いものですねえ。






燃える炎のような赤いぐい呑みは珍しいなあ

ぐい呑みは、やはりお酒を飲むものです

冷んやりガラスのぐい呑み、やはり江戸切子です






お酒・ぐい呑みランキングに参加しています。

ランキング1位はこの方





ぐい呑み専門 まぼろしのぐいのみを探したい のトップへ
posted by guinomi at 22:48 | Comment(4) | 現川焼のぐい呑み

2009年04月20日

女郎花と刷毛目が繊細な女性のぐい呑みですなあ

陶器には日本和文化の伝統的な味わいがありますが、

女郎花(おみなえし)の花が繊細で美しい現川焼きの

ぐい呑みを見つけました。





現川焼きは、江戸時代長崎の郊外で焼かれ、

50年余りの短い期間で姿を消した幻の陶器と

言われています。

「東の仁清、西の現川」と並び称された

幻の古陶を現代に復元させたぐい呑み


鉄分の多い茶褐色の赤土を使い、

流れるようにリズム感に富んだ多種多彩な刷毛目が

特徴です。


女郎花(おみなえし)の花と繊細な刷毛目が美しい、

女性向きのぐい呑みだと思います。


こんなぐい呑みで、

月明かりに照らされた着物姿の美肌女性が、

静かにお酒をいただく姿を想像して、

どきっとしてしまうのは、

ぐい呑み仙人のわるい癖ですなあ。






燃える炎のような赤いぐい呑みは珍しいなあ

京焼き清水焼きのピンクのかわいいぐい呑み

薩摩焼のモダンでおしゃれな黒いぐい呑み






お酒・ぐい呑みランキングに参加しています。

ランキング1位はこの方





ぐい呑み専門 まぼろしのぐいのみを探したい のトップへ
posted by guinomi at 22:30 | Comment(0) | 現川焼のぐい呑み