2010年06月27日

驚きのぐい呑み、森を越えると広がる海のきらめき

美味しいお酒をいただく時には、

お酒を包み込む酒器としてのぐい呑みにも

こだわりたいものです。


ガラスのぐいのみ、金属のぐい呑み、木のぐいのみ、

ぐい呑みにもいろいろありますが、


最近は陶器のぐい呑みにこだわり、

お店を巡ってぐい呑み探しをしています。


ネットで探すぐい呑みは、

一般のお店では決してお目にかかることのないような

珍しいぐい呑みに出会うこともあり、

実にワクワクしてしまいます。




先日、

陶器のぐい呑みですが、

はっとするような驚きを感じたぐい呑み

出会いました。


鮮やかな朱色のぐい呑み


外観はまぶしい程、鮮やかな朱色。

赤もところどころ変化して、

黄色、緑など森の木々の紅葉のよう。


お酒を注ぎ、飲もうとした瞬間、

器に広がる青の景色。


ぐい呑みの見込に広がる海のきらめき
南天窯 曜変南天の器



まるで海のきらめきのよう。



このギャップに驚きました。




わたし自身、陶芸には詳しくありませんが、


このぐい呑みは、

赤い色と青い色の釉薬を分けて使っているのではなく

ひとつの釉薬で、一回の焼成で、このすべての色合いを

同時に出してしまうというので、これまた驚きです。




陶芸に興味のある方は、

以下にこの作家さんのサイトがありました。

 ⇒ 赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家





いやはや、いろんなぐい飲みに出会えて、

楽しみは尽きませんなあ。



今日もまた、お酒がグイグイ進んでしまいます。









お酒・ぐい呑みランキングに参加しています。

ランキング1位はこの方





ぐい呑み専門 まぼろしのぐいのみを探したい のトップへ
posted by guinomi at 10:03 | Comment(0) | 陶器のぐい呑み